紙芝居が好き

街頭紙芝居に一目惚れしてしまった人の日常記録帳。

「納涼怪異講談会」

先日ご案内した公演を見てきました。

演目:「円山応挙と幽霊画」
   「競走馬物語」
出演:神田陽司(講談師)

日時:2006年9月15日(金) 午後6時半開演(6時開場)
会場:満勝禅寺(まんしょうぜんじ)
   仙台市青葉区柏木3−5−13 ※大学病院の近くにあります。駐車場有。
チケット:前売2000円

主催:慙愧丸プロジェクト
協力:街角仕事人くみあい 満勝禅寺

それはそれは……面白かったです!(・∀・)b
ギリギリまで行けるか分からなかったのですが、なんとか参加に成功。
講談初体験でしたが、やはり生の話芸は素晴らしかったです。

以前、若林図書館から講談のCDを借りてきて聞いたことがあったのですが、
聞き取り辛くて何度も聞き直したりしていました。
話芸の良さを楽しむ前に、ストーリーを追うことにいっぱいいっぱいだったんです。
CDでは、ほとんど楽しめないまま終了。
あまり印象は良くありませんでした。

実際、演者を前にして生で見ると、全然違うんですね。
語り口調を思うとCDと似ている気もするのですが、声の強弱の伝わり方が全然違う。
録音ではダメなんだなぁ…と思ってみたり。
(当たり前といえば当たり前なんですけどね)
扇子がババン!と鳴る音も大きいので、油断しているとその音に驚かされます。
自然集中して聞くようになるし、話に引き込まれていくし…。
充実した時間を過ごすことができました。
私的には、競走馬物語の「セーフ」が好きでした。動作付きでとても可愛かったです。

今日はラジオとテレビの取材が複数入っていました。
どんな風に編集されるのでしょうか。
うまくニュースを見かけられると嬉しいのですが。

この講談師、神田陽司さんが、11月4〜6日に仙台で紙芝居を演じられます。
新作の2時間紙芝居「蛇蝎姫と慙愧丸」(だかつひめとざんきまる)。
ストーリーは、映画「ぼのぼの」の監督をされたクマガイコウキさんが担当されました。
絵は、街頭紙芝居全盛期の頃から絵を描いていた紙芝居絵師の方。
実は昔、ちらりと4巻ぐらいまで見せてもらったことがあるのですが、
ストーリーが仙台の歴史を元にうまく作られている上に、面白い。
……内容に触れることを書きそうになりましたが、やめました。
あの奇想天外ぶりは、実際に会場で味わって下さい。
街頭紙芝居っぽい*1、波乱に満ちたお話です。
見ないと勿体ないと思っています。
今日の講談を聞いて、その日がますます楽しみになりました。

*1:街頭紙芝居っぽい=昔のアニメのすっ飛んだストーリーを思い浮かべていただくとわかりやすい……と思っています。私は。

映画「ALWEYS 三丁目の夕日」

会う用事のあった友人に誘われて、
東北放送Webサイトの映画情報でのレビューも好評のため、
急に観に行くことにしました。

感涙。
原作を知っているので、小雪さんはちょっと美人過ぎない?とか、
茶川先生若過ぎ?とか思ったのですが、そんなことは横に置いといて。
昭和30年代を再現するための技術や苦労はすごかったんだろうけれど、
そんなことを微塵も感じさせず、ストーリーに集中できました。
愛ですねぇ…。
じっくりと染み込んでくるお話。
見事に造り出された昭和30年代の東京の景色も素晴らしいですが、
その中で不器用ながら一所懸命な登場人物たちがとても魅力的でした。
みんなそれぞれ自分の状況を受け入れて、その中で生きている。
生き生きしてていいなぁ。

タヌキに化かされるエピソードがすごく新鮮でした。
そういう状況になれば、そう解釈することもできるのか…って。
今そういうことがあっても「化かされた」という考えは全然おきないです。
妖怪や化け物はそんなところにいたのか。
そりゃあ現代ではいない訳だ、と納得。

一度観てみても良い映画だと思います。オススメ。

ライブ「くものすカルテット」閖上港朝市

kamisibai2005-11-13

早朝7時から、閖上(ゆりあげ)港朝市にて「くものすカルテット」の演奏がある、
ということで行って来ました。
前回仙台公演があった時は、別な用事で見れなかったので気になっていたもの。
初めて見るのが、こんなことになるとは……。

「朝市って建物とかあるの?」
「さすがにこの寒さで屋外はないでしょう」
一緒に行った人と話していたのですが。
港について、朝市はどこ?ここ?とウロウロ。
入り口両脇に閖上港朝市の表示がある柱、
広い敷地の所々にある屋台(骨組みで天井のみ布が貼ってあるもの)や、
広げられた野菜果物などの売り物たち……。
その広場に入ってすぐ左側に、紅白幕で飾り付けられた平台2トントラック。
2台並んで、上に板が引いてあって、楽器やマイクスタンドが……ここ!?
後ろに並びそびえ立つ松の間から朝日が見える……ここ!?
今日は息が白いです……ここ!?
どうみても屋外なんですけど。
現在時間はとても寒い早朝なんですけど。
午前7時、普通に開幕。
出演者はバイオリン、アコーディオン、ベース、ドラム(+チンドン太鼓)の4人。
いつもより少ないとのこと。
とても寒そうでしたが、素敵な演奏でした。
4人なのに、とても賑やかに感じます。
気になっていたムスターファの曲が聞けて満足。
とても楽しい30分でした。

早朝から動いたせいか、寒かったせいか、帰った途端体調不良でダウン。
お腹を冷やしたのが良く無いかも。
出腹保護対策をしていくべきでした。

昭和テイストのくものすカルテット、アコーディオンの方は映画監督でもあるそうです。
えずこホールでの上映会の告知をされていたので、こちらでも少し。

映画「美式天然」(うつくしきてんねん)
開催日:2005/11/18(金)
開 演:(1)16:00 (2)19:00
会 場:えずこホール 平土間ホール
    宮城県柴田郡大河原町字小島1-1
    http://www.ezuko.com/
料 金:前売自由1500円

遠いし平日だしで行けません。とほほん。
お時間ある方はどうぞ〜

映画「チャーリーとチョコレート工場」

原作知ラズ。
ティム・バートンが監督、ということで観に行きました。
感想っていうかなんて言うか。
自分の状況が状況(妊娠中&結婚したばっかり)なせいかと思うのですが。
チャーリーのような子供に育てたい…というか、
チャーリーの両親のように愛ある家庭を作りたい、と思いました。
スープの具はキャベツだけでもいいじゃない。
あの家族が好き。
そうあることは難しいのだけれど、理想だなぁ。

チョコレート工場の方は?というと。
メルヘン気味ではありましたが、毒のある内容にドキドキしてしまいました。
歌は楽しげだけれど、歌詞の内容が……うむむ。
世界がはっきり出来ていて面白かったので、原作を少し読んでみたくなりました。
半年ぶりの映画は楽しかったです。
でも、長時間座ったり、集中したり、緊張したりするのは辛いかな。
前日屋外で3時間半観劇した人間とも思えない発言ではありますが(苦笑)

予告で見たティム・バートン監督の次回作
ティム・バートンのコープスブライド」が気になって仕方ありません。
77分だから観れるかしら。

神楽「上町法印神楽」(登米市豊里町上町)

kamisibai2005-10-09

前日入手した情報により、突然ですがお神楽を観に行くことになりました。
日中、仙台駅周辺でのYOSAKOIを観に行く予定もあったため、
仙台駅東口を出発したのは午後4時過ぎ。
仙台東ICから矢本ICまで高速道路に乗り、午後5時40分頃現場到着。
同じく仙台から来ていた方にお会いして夜神楽は午後6時からと教えていただきました。
じゃあその前に腹ごしらえでも〜と、お好み焼きなどを購入。
座って開演を待っていると「カレーいかがですか?」と勧められました。
お神楽の炊き出しの方?と思いながら、ありがたくいただきます。
美味しくて幸せ。
6時の湯立ての儀式から始まって、「道祖」「釣弓(ちきゅう)」「産屋」の演目を拝見。
お神楽のセリフは日本語なので聞けば内容が分かるはずなのですが、
屋外で場所が少し離れていたこともありよく聞き取れず。
合間、舞台の始まりの前にきちんと解説していただけたのが、
とてもわかりやすくありがたかったです。*1
合間に狂言有り、餅まき有りで楽しい場面も。
拾えた方からお餅をいただいて、縁起物だからとその場でパクリ。素朴な味。
一段落して神楽を観ていると、その後さらに炊き出しの方(仮)からおにぎりを1ついただきました。
これまたパクリ。梅干し美味しい。
……食べてばっかり?
「釣弓」と「産屋」のお話が繋がっていたのですが、そのシメが、
夫婦喧嘩*2で奥さんが退治されて終了というのは切なかったです。
こんな言葉で終わらせられないくらい、ちゃんとしたストーリーがあったんですけど、
うまく説明できないのでめちゃくちゃ割愛内容ですいません。
終了時間は午後9時半。
お尻が痛いと思いながら、ついつい最後まで観てしまいました。
3時間半も観てたの初めてかも。
食べ物を食べながらだと、長時間でも集中できるかも。
飲食観劇はいいなぁと思ったのでした。
YOSAKOIも楽しかったし、なんとなく和尽くしな日。

宮城県文化財保護課/上町法印神楽

http://www.pref.miyagi.jp/bunkazai/siteibunkazai/miyagi-no-bunkazai/09minzoku/02minzoku/ken/31kanmatihouinkagura.htm

*1:というか……内容は日本神話からなんですよね。
日本人なら日本書紀ぐらい読みなさいよ、と言われて○年……。
読んでればわかるのに。いい加減読みなさいよ、自分。

*2:ケンカっぷりが圧巻!

演劇「源にふれろ vol.1」

三角フラスコ「源にふれろ vol.1」 第ニ夜
2002年12月23日〜2003年3月30日

日付 2005年4月6日(水)
会場 book cafe 火星の庭
時間 20:00〜20:40
テキスト 澁谷浩次(yumbo)*1
構成・演出 生田恵
出演 瀧原弘子、齋木良太
料金 無料
主催 三角フラスコ

夢日記「源にふれろ」を三角フラスコが立体的なリーディングで上演するシリーズ第1弾。*2
テキスト自体が、夢日記というだけあってとても面白かったです。
1夜ごとのお話は、前夜とまったくつながっていません。
そのせいか、ショートストーリーを続けて聞いている感じでした。
時々、登場人物の中に知っている三角フラスコの方の名前が出てきます。
引越のお手伝いをしたり、箸をくるくる回してスパゲティを出したり。
夢の中だから、やっていることや言っていることも不思議。
でも、登場人物の話すこととか、ちょっとリアルなところが面白い。

1メートルくらいあるどんぶりに入った天ぷらそばを食べきると、
エイベックスからCDが出せる。
…というのは、ドッキリかもしれません。
天ぷらの大きさが気になるところです。

次回があったら、ぜひ行きたい公演です。

*1:仙台で音楽活動を行っている方

*2:いただいたものに書いてあったことそのまんまです…

演劇「台風日和」

3Project*1 「台風日和」
日付 2005年4月2日(土)〜3日(日)
会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1
時間 (土)14:30〜/18:00〜、(日)14:30〜 ※開場各30分前
脚本 益岡礼智(劇団無国籍)
演出 3Project
出演 上島 奈津子(Shang yu)、国久 暁(劇団無国籍)、高橋 智絵、
   藤澤 珠美、熊谷 清正(ストロール・パレード・ビバ・オール)、
   星野 公紀(新月列車)、葉澄 れい(劇団VIC)、朱鷺、ほか
料金 前売\1500/当日\1700

そこそこな年齢の女性が、兄の結婚式に出席したのを機に両親から結婚を勧められ、
お見合い(相手は見た目がノリ弁…)から逃れるために、心に決めた人がいる!という。
あっさり嘘を見破られた主人公が、それを本物にすべく奔走する1週間弱の物語。
ストーリーも演出も面白くて、まさに台風な日々。
あっという間の1時間でした。
テンポが良くて、スピーディーで、おもしろくて、かわいくて、デザインがよくて……
ある意味共感できる部分も多く(苦笑)、とても楽しいお芝居。女性にオススメかしら。
これが3回公演で終わるなんてもったいない!
と思うので、ストーリーなどについてはあまり語らずにおきます。

楽しく面白いお芝居でした。

*1:「3Project」は、役者、衣装、制作それぞれを主にしている演劇関係者の3人の方が中心のもの。
3人で企画したプロデュース公演を行う集まり?…の名前、みたいです。